• 1 紫陽花
    自 宅
  • 2 シチダンカ
    自 宅
  • 3 パスカリ
    自 宅

雨のち晴れ

Category : わが家の庭


雨の滴を撮りたいと思い 傘をさして庭に出て見たが 片手で撮るのは至難の業!
数分の間にびしょ濡れで トホホの巻
 ヤット撮れましたが 滴に色が入って欲しかったです。
題材が悪いのか? そうではなくて私が下手なのか 題材が悪いいと言う事にしておきましょう。

黒龍のみ雨が止み晴れ間が覗いてからの撮影


侘助の実


紫陽花の葉



黒龍
クリックで大きく別ウインドーが開きます。
<>

ザクロの花





ピェールドゥロンサールとミニバラ
大きなバラ園へ行き自宅のバラが出番がなくて 春咲のピェールドゥロンサールは
終わりです ザクロの花も終わりましたぁ~




10日位前の撮影です。

お訪ねありがとうございます。拍手欄にお名前残して下さいね。





 
Posted by 菜桜 on 27.2016

出遅れた花菖蒲

Category : お出かけ

昨日の集中豪雨でまた熊本に被害が出て 亡くなられた方 お気の毒としか言いようが有りませ~ん。
謹んでご冥福をお祈りいたします。

関東の水がめの有る八木沢ダムには水が昨日の段階で 11%とか?
全国均等に降ってくれないかなぁ~? 

県立広島森林公園の中に 回遊式池泉公園が有り 其処が三景園! 今回は山の中の紫陽花を撮る目的で
望遠レンズ1本のみで全景を撮ることが出来ませんでした。
曇りがちでしたが 時々晴れ間が覗き比較的涼しい日で助かりましたぁ~

隣は広島空港で 航空機の音がかなり響いて 駐車場は満車でした。
私は車を県営駐車場に…






このベンチで休憩してて 立ち上がった時カメラのフードがポチャン 帰りがけの事です。
この下の池にボートが有り この船に乗ると危ないから駄目と書いて有りましたが…
 竿がありお借りして難を逃れた次第です 無断で使ってごめんなさい 
しっかり締めて置けば良いのに オチョコチョイでドジは幾つになっても治りませ~ん。

下の画像は入園したばかりの時の撮影です。






”この建物は入口 対岸から撮影”
中心の灯篭を左右に錦鯉がうじゃうじゃ泳いでいます。


”花菖蒲園”
少し遅かったです 望遠で綺麗な花のみ撮って見ましたぁ~(縦型画像)



”左~らんぼう。賀茂川。元禄。江戸紫。山車。白蝶。露の友”
クリックで画像が大きく変化します。
らんぽう 肥後系 賀茂川 江戸系 元禄 肥後系 江戸紫 伊勢系 山車 肥後系 白蝶 伊勢系 露の友 肥後系





”トンボのような実がついてた もみじ”











”出口で 丸葉萩の花”


撮影は2016年6月17日 広島県三原市三景園にて





Posted by 菜桜 on 21.2016   22 comments   0 trackback

旅の初めは RSKバラ園

Category : たび

最初に訪ねたのはRSKバラ園ですが  今回の旅の終わりに公開いたしましたぁ~

RSKバラ園は岡山駅から 山陽本線で西へ倉敷の手前に位置しています。

日本最大級のRSKバラ園では3万平方mの敷地に400品種1万5000株のバラが植えられていて
100万本が咲く春の時期が一番の見ごろとなっています。

中心は四季咲きバラですが 四季咲きバラも春が一番良い時期だと思います。

更新が前後しましたが 3分違いで岡山駅新幹線のエレベター前で昨年11月以来の再会♪
在来線(山陽本線)で西へ庭瀬駅下車 倉敷と岡山の中間辺り 
この度のトリオの旅で最初に訪ねたのがRSKバラ園でしたぁ~♪ 
日曜日でしたので 子供連れの方 若いカップルの方が多かった 真夏日でしたが絶好の撮影日和

公開の順序が一番最後になったのは その前に福山市のバラが残ってたからです。

1.RSKバラ園 2.吉備津神社(5月22日) 3.栗林公園 4.丸亀城(23日) 5.高松城址 6.後楽園(24日)


★バラ 薔薇 ばら★




★イングリッシュガーディン入口★


 ★ゴールデン・セレブレーション★


★アイスバーク ★


☆左~プリンセス秩父・不詳・デォレサンス・ラフランス・インカ・☆
クリックで少し大きくなります。
デォレサンス ラフランス インカ

 ★イングリッシュローズ★



フォトチャンネルワイドな画面でご覧下さいね。




2016年5月22日岡山市撫川(なつかわ)RSKバラ園にて撮影 

6回に渡りお付き合い頂きありがとうございました 







Posted by 菜桜 on 16.2016   26 comments   0 trackback

 岡山後楽園

Category : 未分類

昨年11月にも同じトリオで訪ねた後楽園です。
午前中高松で時間をとってしまい マリンライナーから昼食場所へスマホより予約入れ。。。。。

さぁ~後楽園へ季節が変わればまた風景も変わります。 

 
日本三大名園と言われる 特別名勝後楽園は大名庭園です。
江戸時代初期に岡山藩主・池田綱政によって造営され 元禄文化を代表する庭園で 
国の特別名勝に指定されています。


 

★後楽園の旭川前~岡山城★
主な城主 宇喜多氏 小早川氏 池田氏 岡山城 別名烏城(うじょう)天守は復元されたものです
国の重要文化財(月見櫓、西の丸西手櫓)


★岡山後楽園入口★


★通路を歩くと 萌木色★
昨年の11月は綺麗に紅葉してた。


★松と沢の池★




★夜間のラィトアップの演出のようです★


★記念撮影のスポット★








★花菖蒲は咲き始めたばかりの時★
上の色が4輪白が2輪 ズームしてみました。


★延養亭★
江戸時代には延養亭は茶屋屋敷
延養亭

★休憩所及びお土産やさん★


★慈眼堂★


新幹線を予定より1時間遅らせて 京都と広島へと帰路に着いた


2016年6月24日午後 岡山市後楽園にて撮影

次回は旅の最初に訪ねたRSKバラ園です。





 
Posted by 菜桜 on 14.2016   8 comments   0 trackback

高松城跡&玉藻公園

Category : たび

旅の最終日は午前中は高松城址及び玉藻公園です。
画像の説明は船頭さんの説明から。。。。。。。

高松城(たかまつじょう)は 香川県高松市玉藻町にあった日本の城である。
別名・玉藻城(たまもじょう)。国の史跡に指定されている。
◎遺構 櫓・門・渡櫓・石垣・堀 ・
◎ 指定文化財 国の重要文化財(北の丸月見櫓・水手御門・渡櫓・旧東の丸艮櫓・披雲閣)・国の史跡
◎豊臣秀吉の四国制圧の後、1587年(天正15年)讃岐1国の領主となった生駒親正によって
◎「野原」と呼ばれた港町に築かれた 現在見られる遺構は 江戸初期に徳川光圀の兄で常陸国から
12万石で高松に移封された松平頼重によって改修されたものである。
 ◎現披雲閣(大正期) 披雲閣と内苑御庭 桜御門跡 内苑御庭等有った
 ↑以上ウィキペディアを参照


今回の旅でどうしても行ってみたい 城跡 高松城址 私の我儘を聞いて貰った

 三重櫓や門など一部の建物と一部の石垣 堀が現存し 城跡は公園」として整備されていた。
ホテルの無料シャトルバスで高松駅まで送って頂き 近いので徒歩で行く
琴電のコィンロッカーへ荷物を預け 直ぐそこは高松城址です。
JR高松駅 琴電の高松駅 高松港も近くて お濠の水が海水という城跡は初めてでした。

高松城は420年前 豊臣秀吉の家臣生駒親正(ちかまさ)により築城
それまで野原と呼ばれた港町 高松と地名を改め 高松城とし高松市のルーツです。
明治19年老朽化を理由に取り壊されています。



☆旭門跡と艮櫓☆
旭門跡と艮櫓

☆お濠と石垣☆


☆三の丸跡とお濠☆



☆乗船場及び船着き場☆
乗船場の左端が瀬戸内海と繋がってる水門です。


☆珍しい海水のお濠 真鯛とチヌ(黒鯛)☆
【マウスオンクリック&Wクリックでみてねぇ~♪】
鯛の他にスズキ・ボラ・イカ・フグ・ヒラメ・等も居るそうです。

<真鯛 黒鯛(チヌ)Wクリックの画像の右下の白い部分は船.:*:・'゜゜'・:* ♪

☆この船と同じ船に乗船 5人乗りです☆


 ☆鉄門(くろがね)があったとされた所☆
クリックで別ウインドーが開きます。
<>

披雲閣は江戸時代の御殿 明治時代に一度壊され 
大正6年松平家12代当主頼寿(よりなが)伯爵により再建
平成24年7月国の重要文化財に指定 現在は市民の文化活動に幅広く使われてるようです。
”サムネィル画像クリックでご覧くださいね”
<
1. 月櫓と高松市内
<
2.松の向こうは大型船
<
3.玉藻公園の大木
<
4.石灯籠
<
5.披雲閣
<
6.内苑御庭
<
7.本丸と二ノ丸を繋ぐ鞘橋
<
8.披雲閣への表門
<
9.良 櫓
<


☆天守台跡☆


前日の午前(5月23日)に訪ねた 栗林公園は 高松藩の下屋敷跡だったそうです。

2016年5月24日午前 高松市高松城跡にて撮影

高松城跡を後にして 12時30分の瀬戸大橋線マリンライナーで岡山へ




Posted by 菜桜 on 10.2016   15 comments   0 trackback
 HOME 

Love Clock

グラフィカルとけい
Sweets

プロフィール

菜桜

Author:菜桜
FC2ブログへようこそ!
夫の転勤に伴って全国通津浦々 
好きなバラを撮り また旅も温泉も好き
読書 刺繍も好き。。。
特にスポーツ観戦なんでも大好き!

拍手欄には管理人のみへのコメントは入ります

ノーマルカレンダー

<< 06
2016
>>
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード