• 1 紫陽花
    自 宅
  • 2 シチダンカ
    自 宅
  • 3 パスカリ
    自 宅

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 菜桜 on --.--

もみじ狩りの梯子

Category : お出かけ
中央森林公園は広島空港に隣接した自然公園です。
森林公園の中に三景園が有り もみじ祭り開催中でした。

三景園は 広島空港開港を記念して1993年に造られた面積約6ヘクタールの築山池泉回遊式庭園です。
 広島県は中国山地の南面に位置し 起伏にとんだ豊かな森林を背景に 数多くの渓谷を有しており
その谷間には懐かしさを覚える里山が点在し
さらに海岸部には 宮島に代表される瀬戸内海の景勝地が数多くあります。  
これらの風景を日本庭園の手法を用いて庭園化したのがこの三景園です。




逆光で




佛通寺から一般国道2号を走り 三景園へ午後3時半頃到着
神奈川にも一字違いますが 三渓園が有るようです。
秋の紅葉は2度目ですが 紫陽花の時期 花菖蒲の時期と4回目です。

佛通寺と違い夕方と言う事も有ってか?人はバラバラっと と いう感じでした。

ドウダンツツジ


自然林





自然林



三段の滝 自然林
高低差が三段有るので命名されたようです。


映り込み2枚




常夜灯









スポンサーサイト
Posted by 菜桜 on 25.2014   27 comments   0 trackback

大本山佛通寺の紅葉

Category : お出かけ

佛通寺(ぶっつうじ)は、広島県三原市にある寺院で、臨済宗佛通寺派の本山。

この寺は、1397年(応永4年)小早川春平の開基、愚中周及の開山により創建された寺で、
1409年(応永16年)には紫衣の着用が許されている。1416年(応永23年)には
愚中派として臨済宗の中で一派を形成し、足利将軍家の祈願所となるなど帰依を得た。
小早川氏のほか、毛利氏の保護も受けている。1905年(明治38年)には天龍寺から独立して
臨済宗佛通寺派を称し、その本山となった


初めての仏通寺です 新聞で紅葉が綺麗だと出ていたので 早速出かけましたが…
参道が狭くて 平日なのに車と人の多さにピックリ!
整理をする方が無線でやり取りしながら 上下線交代で通過しました。



佛通寺入口 巨蟒橋(きょもうきょう)
屋根がかかる珍しい橋


佛通寺総門をくぐり佛殿へ
土塀の白壁の五本線は後小松天皇(一休さんおの父君)の勅願寺で有ることを示すそうです。
同時に足利将軍家の祈願護国寺でも有った。


多宝塔が見える


 含暉坂(がんきざか)
石段を上がると開山堂 地蔵堂 多宝塔が有ります。



屋根つきの橋が全部で三本かかっていました。


輪蔵(経蔵)
回転式書架には明版大納経を収めてある。


参道の両サイドの紅葉が綺麗でしたが 車と人の多さで画像の下をカットしています。



帰り道で観光バスもいたるところに駐車していた。


撮影は2014年11月20日 広島県三原市佛通寺にて…






  
Posted by 菜桜 on 22.2014   30 comments   0 trackback

別れ

Category : 未分類

義弟(夫の弟)が倒れ夫と二人新幹線と新快速を乗り継いで明石の病院へ駆けつけました。
私どもが行った時点では分かったようでしたが その後意識不明になり
医師から今日か明日だと云われ 私一人で帰宅しました。12日の事です。

姫路で時間が有りましたのでまずい写真ですがゴンデジで撮りました。


★姫路城★
新幹線姫路駅ホームにて


のぞみ号 上り東京行き


新幹線さくら号 下り鹿児島中央行き
在来線から乗り換え広島まで



★晩秋の実★


私は自宅で一泊し 結局午前10時10分に息を引き取ったとの連絡。
荷物が多いので一人で車に喪服を積み込み 山陽道へ高速では2回も休憩を取り姫路まで
山陽道を降りて 姫路からがややこしいので国道2号を走り 明石までたどり着きました。
帰りの運転は夫でした。

夫とは2歳違いでしたので 今はどんな思いでいるのか解りませんが…
人間 生を受けてから必ず一度は通る道!とても複雑です。

12日から15日まで二度明石に行ったことになります。

木の実は友人から頂いた画像で 編集しています。

疲れも残っていますし 4日も留守にしてると 雑用が溜まっています 3.4日お休みにします。



Posted by 菜桜 on 18.2014

最終は呼子~唐津へ

Category : たび


此方からの画像3枚は昼食時に呼子にて撮影したもの。

紺碧の空とトルコブルーの海と


呼子のイカ 足が動いてビックリ仰天


風にゆられイカ干し


2.300坪の敷地を誇る旧高取邸
旧高取家住宅は国の重要文化財で 佐賀県唐津市に位置しています。

高取 伊好(たかとり これよし)1850年12月15日(嘉永3年11月12日) - 1927年(昭和2年)1月7日)没
佐賀藩多久領の武士 鶴田斌の三男として生まれる。
その後 9歳の時には姉の嫁ぎ先である高取家の養子となりその家督を継いだ。
明治時代に活躍した佐賀藩出身の実業家 炭鉱技術者である。漢詩も嗜み西渓と号した。
法律家で元老院議員を務めた鶴田皓は実兄。
杵島炭坑を買収し大規模開発に成功 従業員5000人を抱え 「肥前の炭鉱王」の異名をとる。

今年9月までのNHK朝の蓮ドラ「花子とアン」 花子の友人蓮さま(柳原白蓮)の元嫁ぎ先
 筑豊の炭鉱王 旧伊藤伝右衛門邸と
 ほぼ同じ広さだそうですが 高取邸には能舞台が供えられていて杉戸絵が立派でした。
早稲田大学の創始者の大熊重信が度々訪れていたそうで ランプシェードを取りかえて接待したとか。
能を鑑賞したそうで 現在の佐賀市の出身だそうです。

室内は全部撮影禁止でしたが 案内して下さる方がいて 私が訪ねた時間には5台も観光バスが
離れた駐車場に停車していました。

此処まで来て4枚のみの撮影でした 庭も素晴らしくて私の目に焼き付け あとにしました。

下世話な話ですが 当時の炭鉱王は儲かったのだなぁ~と 関心しきりでした。

下記から豪邸の中をご覧ください。

旧高取家住宅










表門が陰になってます。


3度目の唐津城と 虹の松原 玄界灘に降りたのは初めての事!
風に飛ばれそう そして玄界灘の荒波にのまれそう?

九州電力も原子力発電が現在中止中 火力発電の塔が多く見られた。
温室効果ガスと呼ばれる大気層によって 地球温暖化が進み色々自然災害がおきて超!怖いけれど 
原子力発電はモット怖いですが。。。。。
九州電力の川内原発地元も県も国も承認したとかです。
エネルギーがないので致し方ないのですが 年明け以降再稼働するようです。

サムネイル画像クリックでご覧くださいね♪

<
1.唐津城
<
2.虹の松原
<
3.虹の松原
<
4.玄界灘の波は荒い
<
5.唐津火力発電所
<
6.海岸側~虹の松原
<




投稿してる お屋敷は杵島炭坑.肥前の炭鉱王 高取 伊好(たかとりこれよし)邸で す。
筑豊の炭鉱王 旧伊藤伝右衛門邸では有りません。広さの比較のため書いたものです。 

撮影は2014年10月23日佐賀県唐津市

3回に渡り佐賀県と平戸の旅にお付き合いいただきありがとうございました。





Posted by 菜桜 on 10.2014   24 comments   0 trackback

紅葉の下見?

Category : お出かけ

 近場の平和公園を覗いて見た!ほんのり?色づき始めていました。
黄色に色が変わるころ 月末にまた除いてみ見よう。
相変わらずの人の多さ 修学旅行と外国人の姿は多く見られます。
旅に出ますと 韓国.中国人等アジア系の方が多いのですが 
ここ平和公園では金髪で碧い眼の西洋人のカップルの方が多く見られます。


原爆ドーム元保橋から 


乙女の象前


修学旅行の生徒さん歌っていました


原爆資料館


ちょぴり色づいていました


遊覧船(元保川)


紅葉には程遠い






薔薇 画像クリックで少しだけ大きく開きます



少し移動して…平和公園から徒歩で30分くらいかな
本願寺広島別院 中区寺町別院前バス停より


基町方面を臨む 寺町界隈から離れて

2014年11月4日撮影 広島市中区
九州の旅が後一回残っていますが 次回更新します。







Posted by 菜桜 on 05.2014   32 comments   0 trackback
 HOME 

Love Clock

グラフィカルとけい
Sweets

プロフィール

菜桜

Author:菜桜
FC2ブログへようこそ!
夫の転勤に伴って全国通津浦々 
好きなバラを撮り また旅も温泉も好き
読書 刺繍も好き。。。
特にスポーツ観戦なんでも大好き!

拍手欄には管理人のみへのコメントは入ります

ノーマルカレンダー

<< 11
2014
>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。